しょうがのむし
NEWSお知らせ

NEW INFORMATION

しょうがのむし
NEWSお知らせ

NEW INFORMATION

SDGs

見沼田んぼ再興
しょうがのむしが発酵ジンジャーエールを作る中で、大切にしていることがあります。それは、見沼田んぼの再興です。約1260haも広がる見沼田んぼは、現在稲作だけでなく、畑や公園としても利用されています。 かつて見沼田んぼは、谷中しょうがの一大生産地として有名でした。谷中しょうがは柔らかい葉を楽しむ葉しょうがの一種で、江戸時代には「お中元には、見沼田んぼの葉しょうがが一番」と言われるほど大人気の商品でした。私たちはそんな見沼田んぼで再びしょうがを育て、この土地を再興し、このしょうがを使った発酵ジンジャーエールが、令和のお中元の定番となることを目指しています。
フードロス減少
日本では毎年、600万トン以上のフードロスが発生しています。特にフルーツは表面に少しでも傷や汚れがついてしまうと、販売できず廃棄となってしまうのが現状です。しょうがのむしではこうしたロスを少しでも減らすため、フルーツカット工場と提携し、本来であれば捨てられてしまうフルーツを活用しています。リンゴやパイナップルなど、おいしく育った果実を加えた発酵ジンジャーエールの、フルーティで爽やかな味わいをお楽しみください。
廃棄和服の再利用
みなさんは、和服を着たことがありますか?七五三や成人式でしか着たことがないという方が、ほとんどかもしれません。和服を楽しむ人は年々減っており、それと反比例するように廃棄される和服が増えています。しょうがのむしでは捨てられてしまう和服を引き取り、発酵ジンジャーエールを包む緩衝材として再利用しています。使っているのは全て、シルクで作られた高級品。色や柄も様々で、箱を開けた瞬間から鮮やかな色彩に刺激され、気持ちが高まります。

MADIA活動情報一覧

  • 2021.04.02
    日本経済新聞の本誌に掲載【気がつけば社会起業家】
  • 2021.02.06
    埼玉ビジネスウォッチにて特集されました。(テレビ埼玉)
  • 2021.01.30
    美園の暮らしフェアにゲスト出演しました。
  • 2021.01.12
    J-WAVEにて紹介されました。(FMラジオ放送局番組/東京)
  • 2020.12.31
    創業手帳の本誌に掲載されました。(vol.81)
  • 2020.12.18
    朝日新聞の本誌に掲載されました。【ショウガに夢中 飲料製造】
  • 2020.12.17
    MONOQLOの[完全ガイドシリーズ309]企業完全ガイドに掲載されました。(晋遊舎出版)
  • 2020.12.16
    東京新聞の本誌に掲載されました。【ショウガに再び光 さいたまホットに】
  • 2020.12.09
    埼玉新聞の本誌に掲載されました。【ジンジャーエールで世界へ】
  • 2020.12.05
    TIMELINEに掲載されました。【『発酵ジンジャーエール』を埼玉の名産にちょんまげ起業家の人生をかけた挑戦】
  • 2020.12.05
    The Japan Newsの本誌に掲載されました。
  • 2020.12.03
    毎日新聞の本誌に掲載されました。【県の名産に育てたい】
  • 2020.12.03
    Good Luck!Morning!にて紹介されました。(FM NACK5)
  • 2020.11.22
    産経新聞の本誌に掲載されました。【休耕地でジンジャーエール さいたまの醸造会社「名産に」】
  • 2020.11.21
    デーリー東北新聞の本誌に掲載されました。【ジンジャーエール 名産に】
  • 2020.11.19
    大宮経済新聞のWEB版に掲載されました。【さいたまで「生きた学びの場」のワークショップ 発酵ジンジャーエール作り】
  • 2020.11.18
    TIP*Sのイベントを開催しました。【満員御礼 丸の内TIP*S開催 〈市域との関わりを考える〉~ノンアル市場に革命×ちょんまげ=休耕地が減少~】
  • 2020.11.13
    読売新聞の本誌に掲載されました。【新名物ショウガで勝負】
  • 2020.10.30
    日刊工業新聞の本誌に掲載されました。【埼玉県に醸造所建設 しょうがのむし、来年2月完成】
  • 2020.10.21
    浦和経済新聞のWEB版に掲載されました。【日本初「発酵ジンジャーエール」でアジアのノンアル市場に革命を起こし、地元農業を救う!クラウドファンディングも挑戦中!】
  • 2020.10.07
    埼玉新聞の本誌のWEB版に掲載されました。【ちょんまげ先生・周東さん 熊谷で起業家出張講座】
  • 2020.09.24
    浦和経済新聞のWEB版に掲載されました。【発酵ジンジャーエールで遊休耕作地を再生 醸造所の建設でクラウドファンディングも】
  • 2020.02.05
    大宮経済新聞のWEB版に掲載されました。【壇者の周東孝一さんと坂下慧志郎さん】
  • 2020.02
    三幸エステートのホームページに掲載されました。(特集記事/創業者インタビューvol.13)
  • 2020.01.16
    埼玉新聞のWEB版に掲載されました。【初の国産発酵ジンジャーエール、川口の「訳国」が製造着手 生姜の一大産地だった見沼田んぼ、意欲燃やし販売へ】
  • 2019.12.20
    台湾新聞のWEB版に掲載されました。【ビジコン大賞「発酵ジンジャーエール」の周東孝一さんが受賞】
  • 2019.12.05
    日本経済新聞のWEB版に掲載されました。【さいたま産創財団のビジコン、大賞に「発酵ジンジャーエール」】
-->

SDGs

見沼田んぼ再興
しょうがのむしが発酵ジンジャーエールを作る中で、大切にしていることがあります。それは、見沼田んぼの再興です。約1260haも広がる見沼田んぼは、現在稲作だけでなく、畑や公園としても利用されています。 かつて見沼田んぼは、谷中しょうがの一大生産地として有名でした。谷中しょうがは柔らかい葉を楽しむ葉しょうがの一種で、江戸時代には「お中元には、見沼田んぼの葉しょうがが一番」と言われるほど大人気の商品でした。私たちはそんな見沼田んぼで再びしょうがを育て、この土地を再興し、このしょうがを使った発酵ジンジャーエールが、令和のお中元の定番となることを目指しています。
フードロス減少
日本では毎年、600万トン以上のフードロスが発生しています。特にフルーツは表面に少しでも傷や汚れがついてしまうと、販売できず廃棄となってしまうのが現状です。しょうがのむしではこうしたロスを少しでも減らすため、フルーツカット工場と提携し、本来であれば捨てられてしまうフルーツを活用しています。リンゴやパイナップルなど、おいしく育った果実を加えた発酵ジンジャーエールの、フルーティで爽やかな味わいをお楽しみください。
廃棄和服の再利用
みなさんは、和服を着たことがありますか?七五三や成人式でしか着たことがないという方が、ほとんどかもしれません。和服を楽しむ人は年々減っており、それと反比例するように廃棄される和服が増えています。しょうがのむしでは捨てられてしまう和服を引き取り、発酵ジンジャーエールを包む緩衝材として再利用しています。使っているのは全て、シルクで作られた高級品。色や柄も様々で、箱を開けた瞬間から鮮やかな色彩に刺激され、気持ちが高まります。

MADIA活動情報一覧